司会のコツ2 その位置は司会良好ですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

司会台からの眺め

 

前回の投稿に続き、司会のコツを

実際の会場のお写真とともにアップしますね。

 

今回も、ある日の私の目線です。

 

この日はホールで

ある音楽コンクールの司会でした。

 

マイクチェック直前の会場をパチリ。

 

この写真ではマイクはスタンドに収まっていますが、

今回も、音響チェック前にハンドに変更しています。

(詳しくは前回の投稿をご覧くださいね。)

 

演奏中は袖に下がりますし、

それ以外にも動くことがあるため、

ハンドの方がやりやすいのです🎤。

 

ステージを見渡す

 

2枚めは、同じ場所からステージを見た様子。

 

これは何をしているのかというと、

自分の立ち位置から

ほぼステージ全体が見渡せるかどうかを

確認しているのです。

 

これも、必ず事前にやることの一つ。

 

ステージでは、

段取り通りにいかないことや、

ハプニング、

聞いていた話と違うこともよくあるのですね💦

 

それを、観客の皆さんにさとられず

スムーズに進めるには、

司会者の視界が良好なのも、

ものすごく大切なこと。

 

予定通りに進まなかったとき、

どうやって視界進行するのかというと、

 

最終的には

目の前で起こっていることに合わせて

話していくことになります。

 

もちろん、

間違った動きをされた場合は

言葉やジェスチャーで

正しく誘導することもします。

 

が!

 

特別な緊張感の中では、

誘導が目や耳に入らない方もいらっしゃいます。

 

そうなったら、

その方の動きに合わせて

言葉をつなぎつつ、

進めるなり、次で軌道修正するなりします。

 

そのことによって

進行自体の変更などが出た場合は、

舞台監督さんから直接指示が来るので

それに従って進めます。

 

私の位置は本当の端っこですが(^^;

そこからでもステージが見渡せることは大事。

 

やりにくい位置に司会台があるときは、

可能な範囲で調整していただき、

不安要素がないようにして本番を迎えるようにするといいですよ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*