緊張

『頭が真っ白!』そんなときの対処法

克服!頭真っ白現象

こんにちは!

アナウンサーの確かな技術で、
あなたの想いを伝えるお手伝い。

話し方コンサルタントの島田枝里です。

 

前回は、
誰もが一度は経験がある、

あの、恐怖の
頭真っ白現象の正体
についてお話しました。

 

◎前回の記事 ・・・ 『頭が真っ白!』その原因は?

 

頭が真っ白になる現象には
そうなる仕組みがあったのかー!ということで、
驚かれた方も多いようです(^^)

 

簡単におさらいしておきますと、

●極度の緊張から「扁桃体」に血液が集中。

●言語を司る大脳皮質が酸欠に!!

●言葉が咄嗟に出てこなくて、頭が真っ白!

ということでしたね。

さらに付け加えると、
扁桃体は情動を司る場所なだけに、

失敗したー!!

という記憶がより強固に固定され、

いざという場面でよみがえってしまい、
恐怖心につながるという、
やっかいな面もあるということでした。

今回は、
その仕組みを知ったうえで、

私もやっている対策法をご紹介します!

これであなたも、
頭が真っ白!の恐怖から卒業しましょう!!

 

=================

 

人前でスピーチしたり、講演をしたり。

そんなとき、
いくら準備がしてあったとしても、
得も言われぬ緊張感が体を襲うことがあります。

そんな気配を感じたら。

無理に緊張をほぐさなくっちゃ!!と
慌てないでください!

慌てると、余計に緊張が増してしまいますよ。

 

まずは、
ゆっくり深呼吸して、

そして、自分自信に語り掛けてみてください。

「今、とっても緊張しているんだね。」

「そりゃそうだよね。いつもと違う場面だもん。
こんなに大勢の人の前で話すなんで、
いつもはないことだよね。」

一旦、舞い上がっている自分を
受け入れてください(^^)

そして、
そんな自分を肯定して、

自分で自分を後押ししてください!!

「こんな場面でも
頑張ろうとしている私は立派だよ!!」

「大丈夫!きっと私はできるから!!」

それでも恐怖心が襲ってくる場合は、
もう一度最初から。

自分を受け入れて、肯定して、
自分で自分を励まします(^^)

 

これを私は、
自分応援団”と呼んでいるのですが(笑)、

人前に立つときは、結局自分ひとり。孤独です。

自分を奮い立たせることができるのも、
励ますのもなぐさめるのも、
結局自分しかいないのです。

だから、自分応援団!
(ん?一人なら 団 ではないか??
ま、細かいことはこの際置いておきましょう 笑)

 

緊張している自分を受け入れて励ますことで、

焦る気持ちが
いい気持ちの高ぶりに変化し、

ぐっとお腹に力が入って、
気合がみなぎってきます!

そして気付けば、
頭が真っ白になりそうな状況を
いつの間にか回避できているのです。

 

最初にさらっと書きましたが、
緊張を無理にほぐそうと思わないことです。

うまく緊張が解けないと
かえって焦りが出てくるもの。

それに何といっても、

人前で話すという非日常的なことをするのに、
緊張を解いて、
普段のようにリラックスしてしまったら、

人前に立つために必要な
”いい緊張感”が保てるでしょうか?

無理ですよね!

 

自分を受け入れて、
肯定して、自分を励ます。

 

脳内で酸欠が起きるような

変な緊張を感じ始めたら、

自分を応援して、

気合の入った”いい緊張感”に変えて、

頭が真っ白な状態からはサヨナラしましょう!

 

 

聴く人を味方につける!3つの話し方テクニック

 

*お試しトークレッスン、受けてみませんか?
あなたの話し方に関するお悩みをスッキリ解決いたします!

『頭が真っ白!』その原因は?

頭が真っ白!その原因は?

こんにちは!

アナウンサーの確かな技術で、
あなたの想いを伝えるお手伝い。

話し方コンサルタントの島田枝里です。

 

前回投稿した
スピーチの記事をお読みくださった方から、

「とてもよく理解できます。」
「参考になります。」
「ちょうど講演をひかえているので、
原稿を書きかえてみます!」
といったご感想をいただきました。

また、
よくスピーチや講演をするという方も
お読み下さったようで、

「同じような方法を自分もしていて、
納得しながら読みました。」

といったご感想も。

皆様、本当にありがとうございます!

 

◎前回の記事 ・・・ スピーチが不自然になってしまう理由

共感された方が多いということは、
それだけスピーチに苦手意識や困難を感じて
苦労されている方が多いということではないでしょうか。

「同じような方法を自分もしている」という方も、
ご自分で様々な工夫をされて
困難を乗り越えられたからこそ、
納得できる部分が多かったに違いありません。

少しでも克服していただければと
願ってやみません。

 

ところで、
そんなご感想と合わせて、
実は
こんなことを話してくださった方がいらっしゃいます。

「とにかく頭が真っ白になってしまうんです。
それが怖くて、
やっぱりスピーチって本当にいやなんですよね・・・。」

この方のように、

以前人前で話す機会があったとき
頭が真っ白になってしまい恥をかいた。
だからもう二度と、
人前で話すことはしたくない!

そうおっしゃる方が
結構いらっしゃいます。

・頭が真っ白になり、
・言葉も出なければ、
・そこで全てが止まってしまい、
・恥をかいた。

 

日頃、ご相談に乗ったり
レッスンさせていただく方に伺うと、

ほぼ全員が、
一度はこのような経験があり、

中には
深い心の傷になっている方もいらっしゃいます。

 

でも、どうかご安心ください!

 

この『頭真っ白現象』。
ちゃんと克服する方法があるのです!

 

ちょっと難しい話になるかもしれませんが、

 

まずは、

克服法をさぐるためにも必要な

頭が真っ白になる仕組みを
ひも解いてみましょう。

=================

 

頭真っ白現象の正体は、

脳の酸欠状態と言えます。

 

脳の中には「扁桃体」
という部分があり、

主に一時的な感情の動き
=「情動」をつかさどっています。

それと同時に、
「記憶固定」を担う役割も持っています。

極度の緊張などのストレスにさらされると、
この扁桃体の活動が活発になるため、
血液が集中してきます。

すると、脳内で言葉を司る
大脳皮質の血液が不足し、
いわば酸欠状態になってしまうのです。

その結果として、

言葉が出てこない、
覚えてきたことが思い出せない

などの現象が出て、

よくいう、
“頭が真っ白”な状態が起きる訳なのです。

 

また、扁桃体の役割「記憶固定」が、
情動で印象に強く残るような出来事を
より強固に記憶させるため、

過去に、
「大勢の前で話して失敗した」
「恥をかいてしまった」など、
自分にとって恐怖を感じるほどの
マイナスな経験をしていると、

次に同じような場面に遭遇したとき、
悪いイメージとなってよみがえり、
自分で自分の心を締め付け、
ストレスや緊張につながっていきます。

 

これが、
『頭真っ白現象』の本質で、
その後の苦手意識や
恐怖感につながっていく原因です。

=================

 

この仕組みを知っていると、

頭が本当に真っ白になってしまう前に

対策を打つことができ、

あれだけ恐怖だった

頭真っ白現象からサヨナラすることができます!

 

長くなってしまいましたので、
今日はここまでにしますが、

次回は、

頭が真っ白になるのを
どうやって回避したらいいか。

私が実践している方法を交えて
お話しいたしますね!

 

一つずつ、

話すことへの苦手意識を

解消していきましょう!!

 

 

聴く人を味方につける!3つの話し方テクニック

 

*お試しトークレッスン、受けてみませんか?
あなたの話し方に関するお悩みをスッキリ解決いたします!

説明が苦手な人の共通点

説明が苦手な人の共通点

去年の秋ごろから、

私が主宰している紅茶教室
『ティーアトリエ Silver Tips』では、

当教室の講師として活躍することを目指して、
3名の方たちが
一所懸命学んでくださっています(^^)

 

今日は紅茶教室のお話・・・のようですが、
「伝える」という点
こちらのブログを読んでくださる皆さんにも
知っていただけたらと思うお話がありましたので、
書かせていただきますね。

続きを読む

苦い経験をプラスに変える思考法

話し方レッスンに来てくださる方たちとは、
発声や活舌、技術的なことよりもっと時間をかけて、
これまでの経験をじっくりお聞きすることにしています。

私が、生徒さんの話を聞くことに時間を割く理由。

それは、
人前で話す場面での心の持ち様に
問題を抱えている人が、とても多いからです。

「人前で話すことがとにかくいやだ。」

そうおっしゃる方の多くは、
過去に、冷や汗をかくほどの失敗や
焦りを経験していらっしゃいます。

続きを読む

オリンピックアスリートの平常心はどこから来るのか そこから私たちが学べること

平昌オリンピック、男子フィギュアスケート、
いや~、素晴らしい という言葉では足りないほど、
見事なまでの試合を見せてくれましたね!

日本人選手のメダルラッシュに沸きつつも、
なかなか金メダルにだけ手が届かずにいる中、

ケガを乗り越えて見事金メダルを獲得した
羽生結弦選手の超人的な演技、
別次元のメンタルの強さには、
ただただ圧倒されるばかり。

続きを読む