コミュニケーション

「分かりません」と即答することで、解決を遅らせていませんか?

 こんにちは!

 アナウンサーの確かな技術で、
 あなたの想いを伝えるお手伝い。
 話し方コンサルタントの島田枝里です。

 

 苦手なことを克服しようとしているとき、
 どうしても自分だけで解決できない
 課題にぶつかります。

 私のレッスンでは、
 生徒さんになるべく
 ご自分で解決の糸口を探る練習を
 していただきたく、

 「その時なぜそう感じたのでしょう?」
 「何が引っかかって言葉が出なかったか
  思い出せますか?」
 

 など、
 質問をします。

 というのも、

 問題を解決するには、
 原因を探る必要があります。

 原因が分かれば、
 解決への道が分かるからです。

 そして、
 レッスン期間が終了した後は
 ご自分で解決していかなくてはなりません。

 そのための予行演習でもあるわけです。

 なので、
 なぜそうなったのかをよく思い出して、
 振り返って考えていただくために
 質問をするのですが、

 ここで、
 間髪入れずに、

 「分かりません。」

 と、即答してしまう方が
 時々いらっしゃいます。

 そんな場合、私は、

 「即答せずに、
  ちゃんと考えてみてくださいね^^。」

 とお伝えします。

 考えた上で分からなければ、
 「分かりません。」
 でいいのですが、

 考える間もなく
 分からないと言ってしまうのは、
 完全に解決を放棄しているようにも
 受け取れます。

 あるいは、

 完全にこちらを頼り切っていて、
 すぐに答えがほしいと思っている
か。

 即答してしまう方は、
 話すことに限らず、
 物事を深く考える習慣がないことが多いのです。

 考えることが苦手な方のお気持ちも
 とてもよくわかるのですが、

 そういう方は、
 「分かりません」以外にも、

 日頃からついつい、
 「知りません。」
 「できません。」

 を連発していることが多く、

 何とかやってみよう!となる前に、
 物事や相手に対して
 心のシャッターを閉めてしまって
 コミュニケーションを
 拒否しているケースがよく見られます。

 それも、
 全くの無自覚で。

 言われた相手は、
 受け取り方によっては、
 とても投げやりな印象を受けたり、
 まるで切り捨てられてしまったかのような
 孤独を感じる場合すらあります。

 なので、
 言うにしても
 十分配慮する必要がある言葉なのです。

 分からないことに対して、
 素直に分かりませんと言えること自体は、
 本来大事なことです。

 ですが、
 考えもせずに即答というのは、
 やはりそっけなくて冷たい対応といえます。

 そもそも、
 考えずに即答できるぐらいなら、
 悩んだりしませんよね?

 なぜそうなるのか。
 一般的な事例はたくさんありますが、
 ご自身にピッタリ当てはまる答えは、

 実は
 その問題に直面している
 ご自身の中にしかありません。

 

 辛い作業だと思いますが、
 なぜ?に今一度向き合うことで、
 ご自身にピッタリな解決法が
 見つかるはずですよ(^^)/

無料レポートを受け取る
お問い合わせフォームへ

苦手な人とのコミュニケーションを避けない!と決めた話

こんにちは!

アナウンサーの確かな技術で、
あなたの想いを伝えるお手伝い。
話し方コンサルタントの島田枝里です。

今回のテーマは、

『苦手なコミュニケーションを避けない』

です。

日頃のレッスンでコミュニケーションについて
あれこれアドバイスさせて
いただいているにも関わらず、

私の身にも、つい最近
苦手を自覚する出来事がありましたので、
お話しますね。

というのも、

先日、会話がうまく噛み合わず、
お互いになんとなく距離を感じてしまう、
ちょっと辛い思いをしたのです。

その相手は、私と同い年の男性。

仕事先でたまたまお会いし、
挨拶を交わして
あれこれお話してみると、

驚くほど自分をしっかり、
というより
ガッチリ、ガッツリ持っていて、
自信に溢れていることが分かりました。

こういうタイプの人と接する時には
いつも気を付けていることがあります。

それは・・・

===============
・相手に同調して
・相手を上手に持ち上げながら
・聞き役に回る
===============

時には反論や
意見を言いたくなるものですが、

それは基本、しっかりと
お互い信頼関係が出来上がってからの話です。

ですが、
同い年で
共通する話題が多かったこともあって、

私はつい、
いつものような感覚で言葉を返し、
話の中に次の会話につながるワードを入れ、
相手がそれに反応して
質問してくるのを待ちました。

が、相手は
ひたすら自分の話を続け、
こちらの投げかけはスルー。

私はなんだかさびしく、
つまらなくなってしまったのです。

単純なことですね。

つまらなかったのは、
スルーされたからです。
思う会話の展開に持ち込めないからです。

ですが、
相手からしたらどうだったのでしょう?

恐らく、
あれこれストレートな物言いをする私は、
相手に対して失礼なことでも
平気で言う人と映ったことでしょう。


今後、その人が
仕事相手になるかはわかりません。

なので、無理に
いい関係を作らなくてはと
焦る気持ちはなかったのですが、
なんだか釈然としないのですね。

そんな気持ちのまま数日経ち、
ふと思ったのが今日のタイトルです。

このまま避けて通ることもできます。
^^^^^^^^^^^^^^^^^
が、それでいいのかな?
^^^^^^^^^^^

このような出会いや経験は、
話し方をお教えする私にとって、
何か意味はないか?

考えてみると、
簡単な言い方をすれば、
相手はプライドの高い人。

そのプライドを見せつけられて、
その人の武勇伝を聞かされて
気付いたことは、

・私にも
 「自分のことを聞いてほしい!」
 気持ちがあり、

同時に、

・少なからずプライドもあるということ 笑

だから、
相手の話を聞くに徹することができず、
つい張り合ってしまった自分がいました。

語気がつい強くなった可能性もあります。

無理に仲良くしよう!とは思いませんが、
自分とは合わないなと感じるタイプの人と
上手にコミュニケーションを
取れるようになれば、
自分自身の幅が広がりますよね。

私は、その人を避けないことにしました。

こういうタイプの人の気持ちが
もっと分かるようになり、
慎重に言葉選びができるようになろう!

必要以上に近づきはしませんが、
いい距離感を保ちながら、
相手に気持ちよく話してもらったり
仕事してもらえるように。

一つ目標が出来ました。

いくつになって経験は糧になりますね(^^)

今日は、私の失敗談から
気付いたことを書きました。

あなたが
コミュニケーションを取るのが
苦手なタイプの人と出会ったときの
気の持ち様として
参考になれば嬉しいです。

「いつもありがとう」

いつもありがとう 気持ちを言葉で伝えていますか?

私のママ友に、顔を合わせた最初のあいさつで、
必ず、「いつもありがとう❣️」と言う人がいます。

「ありがとうって、私何かしたっけ⁈」と、
つい思ってしまうほど(笑)、
特に何をした訳でもないのに、
いつもありがとうと言ってくれるのです。

子供たちが仲良しなので
そのことも含めているのかもしれませんが、

お互い助け合い、
支え合いが普通のママ友同士は、
わざわざ毎回ありがとうとは言いません。

でも言われると、とっても嬉しいんですよね。

いつも言われるから、
こちらも自然と相手のことを
良い意味で意識するし、
何かあったら助けようという気持ちが、
いつの間にか心の中に生まれている感じです。

今日は、
何回ありがとうと言いましたか?
何回ありがとうと言われましたか?

誰からも「ありがとう」と言われないなぁ。。。

そんな風に感じるなら、
笑顔とともに
自分から言ってみるのもいいかもしれませんよ(^^)


 ★ お試しレッスン、受けてみませんか?
『話し方☆お試しレッスン』のご案内

 ★ まずはお問い合わせください。
お問い合わせフォームへ