苦い経験をプラスに変える思考法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

話し方レッスンに来てくださる方たちとは、
発声や活舌、技術的なことよりもっと時間をかけて、
これまでの経験をじっくりお聞きすることにしています。

私が、生徒さんの話を聞くことに時間を割く理由。

それは、
人前で話す場面での心の持ち様に
問題を抱えている人が、とても多いからです。

「人前で話すことがとにかくいやだ。」

そうおっしゃる方の多くは、
過去に、冷や汗をかくほどの失敗や
焦りを経験していらっしゃいます。

だからあんな思いは二度としたくない、
だから、人前で話す機会は、可能な限り避けてきた。

そう話してくださる方がほとんどです。

それでも、いよいよ避けて通れなくなったから
レッスンを受けてみよう!

そう一歩を踏み出された皆さん。

それだけでも勇気がいったでしょうし、
どうしようもない不安に押しつぶされそうで
救いを求めてこられるその表情は、
なんとも自信なさそうに見受けられます。

 

誰しも思い出したくない、
ストレスのかかる失敗はあるでしょう。

レッスンで詳しくお話を伺うとき、
私は、生徒さんに
失敗した瞬間や冷や汗が出た場面も教えていただきますが、

そこだけでなく、

その場にいた人たちの反応がどうだったのか
そして、自分は、冷や汗をかきながらも
やり切ったのかどうかをお聞きしています。

すると、ほぼ全員が、

なんとかその場は乗り切りましたけど・・・
特に誰から何を言われた訳ではありませんけど・・・

とおっしゃいます。

なら、、、

大丈夫じゃないですか!問題ないですよ!!

と私は答えます(^^)

けど・・・の後は、
いやな思いをしました。とか、もう二度とやりたくないです。
などと続くわけですが、

けど・・・の後に注意が行ってしまって、
皆さん肝心な事実が見えていません。

確かに失敗はした。冷や汗もたくさんかきました。

ですが、なんとか乗り切ったのでしょ?
誰にも責められていないのでしょ?

そこにもっとフォーカスしましょうよ(^o^)/

ミスしてしまったことは事実だとしても、
なんとか乗り切ったことも、また事実。

誰からも責められていないのなら、
何にも問題はなかった!
そう思えばいいのです。

となると、

同じ出来事であっても
それは失敗の経験ではなく、
失敗を乗り越えた成功体験になるのですよ!

確かに、
上手にこなすことはできなかった。

でも、乗り切れた。

そこをもっと評価して、
自分を認めてあげるべきです。

同じことが起こっても、
その事実をどの角度から見て、どう評価するのか。

それによって、
捉え方が正反対になります。

乗り切ったのなら、それは成功!
次にもっとよくなるよう、
これから努力していきましょう(^^♪

 

あなたの苦い経験を
記憶の中でポジティブに書き換えられるのは、
あなた自身にしかできない作業です。

一つずつ書き換えていってくださいね。

 

 

お試しトークレッスン、受けてみませんか?
あなたの話し方に関するお悩みをスッキリ解決いたします!
http://e874.jp/lp/otameshi/

企業研修なども承ります。お気軽にお問い合わせください。

SNSでもご購読できます。