話し方のコツ

司会のコツ2 その位置は司会良好ですか?

司会台からの眺め

 

前回の投稿に続き、司会のコツを

実際の会場のお写真とともにアップしますね。

 

今回も、ある日の私の目線です。

 

この日はホールで

ある音楽コンクールの司会でした。

 

マイクチェック直前の会場をパチリ。

 

この写真ではマイクはスタンドに収まっていますが、

今回も、音響チェック前にハンドに変更しています。

(詳しくは前回の投稿をご覧くださいね。)

 

演奏中は袖に下がりますし、

それ以外にも動くことがあるため、

ハンドの方がやりやすいのです🎤。

 

ステージを見渡す

 

2枚めは、同じ場所からステージを見た様子。

 

これは何をしているのかというと、

自分の立ち位置から

ほぼステージ全体が見渡せるかどうかを

確認しているのです。

 

これも、必ず事前にやることの一つ。

 

ステージでは、

段取り通りにいかないことや、

ハプニング、

聞いていた話と違うこともよくあるのですね💦

 

それを、観客の皆さんにさとられず

スムーズに進めるには、

司会者の視界が良好なのも、

ものすごく大切なこと。

 

予定通りに進まなかったとき、

どうやって視界進行するのかというと、

 

最終的には

目の前で起こっていることに合わせて

話していくことになります。

 

もちろん、

間違った動きをされた場合は

言葉やジェスチャーで

正しく誘導することもします。

 

が!

 

特別な緊張感の中では、

誘導が目や耳に入らない方もいらっしゃいます。

 

そうなったら、

その方の動きに合わせて

言葉をつなぎつつ、

進めるなり、次で軌道修正するなりします。

 

そのことによって

進行自体の変更などが出た場合は、

舞台監督さんから直接指示が来るので

それに従って進めます。

 

私の位置は本当の端っこですが(^^;

そこからでもステージが見渡せることは大事。

 

やりにくい位置に司会台があるときは、

可能な範囲で調整していただき、

不安要素がないようにして本番を迎えるようにするといいですよ!

司会のコツ1 マイクはスタンド派?手持ち派?

司会台からの目線

今日はスマホからアップしてみますね。

きちんと表示されているでしょうか?汗

 

写真は、司会のお仕事で

ホテルに伺った日のものです。

 

司会台からの私の目線👀

 

事前のマイクチェックのときに撮りました。

スタッフの方は席次の最終確認中。

 

皆さんは、

司会などで話をするとき、

マイクはスタンドに立てますか?

それとも、

手持ちでやりますか?

 

私は、断然手持ち派なのです。

 

この写真の時点では

マイクはスタンドにありますが、

 

私はいつも係りの方にお願いして、

マイクチェックの前に

スタンドを片付けていただきます。

 

その代わりに、

マイクを台の上に寝かせて置ける

スポンジマットをお借りしてスタンバイ。

 

なぜ手持ちの方が

やりやすいかというと、

 

思いがけないことが起こったときに

咄嗟にマイクを持って動けるのと、

スタンドよりしっかり

声をマイクに乗せられるからです😊

 

慣れの問題もあるとは思いますし、

両手を使って

何か資料などを示さなくては

ならないときは

スタンドの方がいいのですが、

 

そうでなければ、

固定されていて

動きが制限されるより

この方が、対応範囲が広がります。

 

スタンドの威圧感が気になるという方にも

ハンドはおススメ。

 

大抵の会場は

どちらでも対応してくださるので、

お願いしてみるといいですよ❣

 

#司会 #司会のお仕事 #アナウンサー #フリーアナウンサー

無料レポート、配布開始!『3つの話し方テクニック』

聴く人を味方につける!大勢の前で話すことが怖くなくなる

いつもお読みくださり、ありがとうございます。

アナウンサーの確かな技術で、
あなたの想いを伝えるお手伝い。
話し方コンサルタントの島田枝里です。

 

話し方レッスンをしている中で、
最近は、

ご自分でセミナーや教室、
サロンでのレッスンをなさる方、

 

いわゆる
講師業の方が
本当に増えてきているな

ということを実感しています。

続きを読む

説明が苦手な人の共通点

説明が苦手な人の共通点

去年の秋ごろから、

私が主宰している紅茶教室
『ティーアトリエ Silver Tips』では、

当教室の講師として活躍することを目指して、
3名の方たちが
一所懸命学んでくださっています(^^)

 

今日は紅茶教室のお話・・・のようですが、
「伝える」という点
こちらのブログを読んでくださる皆さんにも
知っていただけたらと思うお話がありましたので、
書かせていただきますね。

続きを読む