石川県

意外に気を遣う?美容師さんとの会話

美容院での会話

こんにちは!

アナウンサーの確かな技術で、
あなたの想いを伝えるお手伝い。
話し方コンサルタントの島田枝里です。

美容院にいかれた時のこと。
(男性は、理容室の方が多いでしょうか?)

美容師さんとの会話で
気を使う事はありませんか?

雑誌を読みながらでも、
沈黙が長いといたたまれない。

かといって、
集中していらっしゃるだろうに 
話しかけても良いのだろうか?

ご迷惑だったら悪いなぁ。
でも、
あまりに黙り込んでいても無愛想かも。

カットしている手元を
鏡越しに眺めながら、
なんとなく落ち着かない。

そんな経験、ないでしょうか?

実はこの話題、
先日レッスン生さんと会話しているときに
出たものなのです。

私ももちろん、
考えたこと、ありますよ!^_^

私の場合、職業病で、
気になることがあると
ついインタビューのごとく
質問してしまうタチなので、
ご迷惑なのではないかと^^;

ですが、
美容院は、
基本きれいになりに行くところ、

そして、
リラックスしに行くところ。

なので、
必要以上に美容師さんに気を使うのは
ちょっと違うのかなあと思っていました。

そこで、いつもお世話になっている
美容師さんに伺ってみました!

やはりこの質問、
よく聞かれるのだそうですよ(笑)。

 

その美容師さんがおっしゃるには。


=============

話しかけても良し、
黙っていても良し。

ご自身にとってどちらがいいか?
でいいですよ(^^)

=============

とのこと。

美容師さんからすると、
静かに過ごしたい方には
余計な会話はしないですし、
話したい方には会話する
といった感じ。

他の美容師さんも
同じスタンスの人が多いそうですが、

興味深いことに、
沈黙が苦手な美容師さんは
よくしゃべるんですって!

お客さんでも美容師さんでも、
沈黙が怖い人は
やはりいらっしゃる訳ですね!

そして、
お客さんのお話を聞くのも
ある意味お仕事なのでしょう。

「話しかけられて邪魔と思う美容師さんは
 ほぼいないと思います。」

とのことでした!

もちろん、
お客の立場の私たちは、
他のお客様のことを思えば、
声が大きすぎたり、
騒がしいのは迷惑そのもの。

同じ空間にいる全ての人が
心地よさを共有できるなら、
思い思いに
過ごせばよいということですよね(^^♪

いかがでしたか?

これからは、
美容院でますますリラックスしながら
過ごせそうですね( *´艸`)

無料レポートを受け取る
お問い合わせフォームへ

佐伯チズさんからの「大丈夫よ!まだまだこれから!」が蘇る・・・

佐伯チズさんの本

こんにちは。

アナウンサーの確かな技術で、
あなたの想いを伝えるお手伝い。
話し方コンサルタントの島田枝里です。

「夢はクスリ、あきらめは毒」

そう全国の女性たちに
エールを送り続けてきた
『美肌師』佐伯チズさんの
訃報が飛び込んできました。

佐伯さんは生前、
様々なメディアで発信されていたので、
女性の皆さんはご存じですよね。

男性の皆さんも、
きっと何かでお見掛け
しているのではないでしょうか。

全国を飛び回って、
多くの女性に
「キレイ」を届け続けた方です。

ご病気になられたとの報道が3月。

それからわずか2か月と少しで
まさか天に召されるとは。

私も、大きなショックを
受けている1人です。

実は過去に一度だけ、
チズさんのお話を
お聞きする機会がありました。

2013年に石川県金沢市であった
講演会でのことです。

颯爽と会場に現れたチズさんは
白シャツに黒の細身のパンツ、
そして、真っ赤なピンヒール!!

「さわっていいわよ~」と
おっしゃいながら客席を回ると、

皆さん、本当に手を伸ばして
頬をタッチ!!

私も勇気を出してタッチ!!!

「わ~、もっちもち、しっとり~♪」

それは、
佐伯さんのご年齢
(当時70歳!)を考えると
ありえないほど、

シミのない真っ白な、
スッピンもちもち素肌で、
もう感動!!

終了後、書籍などの販売ブースに
いらしたところをお願いし、
本にサインしていただきました。

「夢」

私は当時、
子育てに仕事にとテンテコマイで、
自分をかまう余裕のかけらもなく、
(今も仕事内容の割には
 あまり手をかけておりませんが 汗)
そこから何とか脱出したくて
もがいていました。

そんなお話をすると、

「大丈夫よ、
 まだまだこれからだから!!<(^^)>」

と、TVなどで拝見するのと
全く同じあの笑顔で
おっしゃってくださったのです。

次にお会いするときは、
「あの言葉でがんばれました!」
と、成長した?姿で
お会いしたいと思っていたのに、

私の成長は・・・

そして、
あれだけお元気そのものだった
佐伯さんのご病気、
あっという間の逝去。

あのとき、ああしておけば・・・
ということだはないように、

そして、

弱っているときにかけていただける
言葉の温かさや強さに
もっと心を寄せて。

私もゆっくりながら
進んでいこうと思いました。

言葉、その人の存在、
それだけで
人に何かを与えられるなんて、
本当にすごいこと。

私にできることはちっぽけでも、
頑張ってきた日々が
無駄にならないように!

これからも
「話すこと」という分野で
お役に立てるように
色々お伝えしていきますね。

「話す」ことで、
誰かを幸せにできたら、
私もやっぱり幸せです(^-^)

無料レポートを受け取る
お問い合わせフォーム

石川県金沢市の話し方教室|自信がなくても大丈夫!優しく伝わる話し方とは?

そもそも石川県(金沢市)に話し方教室ってあるの?

石川県には話し方教室がいくつかあります。

首都圏など大都市にしかないと思っている方が多いようですが、そんなことはありません。

  • 司会者が多数在籍するプロダクション主宰の話し方教室
  • カルチャーセンター
  • 声楽やボイストレナーが教える話し方教室

など、意外に多くあります。

レッスンの形態関しては、複数人のグループレッスンのところが中心ですが、教室によってはマンツーマンレッスンを行っているところ、企業研修に力を入れているところと、様々です。

ちなみに、私(島田枝里)の話し方教室は、元地方局アナウンサー、現在はフリーで主にラジオパーソナリティーとして活動する私が、マンツーマンで指導しています。


なぜマンツーマンかというと、人によって話し方の問題点が違うからです。

そして、

よく聞かれる、「グループレッスンだと、知らない人と一緒になるので恥ずかしい」「目線が気になる」「他の人に何と思われるかが不安」といったお気持ちに寄り添いたいからです。

個人レッスンの最大のメリットは、あなたにピッタリなレッスンができること。誰かの目を気にすることなく、自分の問題に集中して、私と一緒に取り組んでいきます。

無料レポートを受け取る

石川県にある「優しく伝わる話し方教室」では何が学べるの?

島田枝里、滝沢枝里


私(島田枝里)が開催している講座「優しく伝わる話し方教室」では何が学べるか簡単にお伝えしますね。

話し方のお悩みといっても、とても幅広いもの。まずはヒアリングであなたのお悩み、目標やなりたい理想像をじっくりお聞きします。

そして、どうしてそうなってしまったのか。その理由を探って、テクニック面だけでなく、物事の考え方、受け止め方から見つめなおし、話すことに自信を持っていただくトレーニングを、段階を踏んで行います。

何を隠そう、私自身、かつては私自身人前で話すことが苦手だったのです。それをどう克服したのか、どうしたら堂々と人前で話せるようになり、それを職業にするまでになったのか。その練習方法、気持ちの切り替え方や、自信を持つための考え方などをもとに作り上げたオリジナルのレッスンメニューがあります。さらにそこへ、生徒さんおひとりお一人のお悩み解決のためのプログラムを追加して、完全オリジナルのレッスンメニューを作成、レッスンします。一人一人にフィットした個人レッスンですので、成果が出やすく、将来に渡って役立つ内容です。

私が大切にしているのは、決して押しの強い話し方ではなく、伝えるべきことはしっかり伝えつつ、相手への思いやりも忘れない、「優しく伝わる」話し方。

話すことに自信がなく傷ついた経験があるあなたには、相手に威圧感を与えない、それでいてきちんと伝わる話し方を身に付けていただきたいと思っています。

話し方教室は、どんな人にオススメなの?

  • 人前で堂々と話すことが苦手
  • 自分に自信が持てず、話すのが怖い
  • 人前に立つとものすごく緊張して、頭が真っ白になる
  • 周囲の目が気になってしまい、話すときに不安になる
  • 職場など、人とのコミュニケーションが苦手
  • 自分の言いたいことをしっかり伝えられるようになりたい
  • 声や話し方にコンプレックスがある
  • 活舌が悪く、「え?」と聞き返されてしまう
  • 自己PR・自己紹介が苦手
  • 人を惹きつけるような話し方、スピーチがしたい

話し方を身につけると、どうなれる?

  • 人前で話すことが楽になる
  • 自分のことが好きになって、自信が持てる
  • 話す緊張を、前向きなエネルギーに変えられるようになる
  • 周囲の目を味方につけて、堂々と話せる
  • 人との接し方に余裕ができて、コミュニケーションが取りやすくなる
  • 思いを言葉にして表現することができるようになる
  • 自分本来の声を知り、その良さを生かせるようになる
  • 活舌がよくなり、聞き取りやすくなる
  • その場に合わせた自己PR、自己紹介ができる
  • 聞く人が思わず惹きつけられる魅力的な話し方できるようになる

話し方を身につけることで、「心が楽になった」という生徒さんが多くいらっしゃいます。気付かないうちにストレスになっている話すことへの苦手意識を、あなたも話し方教室で変えてみませんか?

島田枝里の「優しく伝わる話し方教室」はどこでやっているの?

私の話し方教室は、主に金沢市の中心部、北部で行っています。私と生徒さん、お互いに便利の良い場所で出来るよう、レンタル会議室を使うなど、フレキシブルな対応が好評です。

オフィス所在地:〒920-0901 石川県金沢市彦三町1-2-1アソルティ金沢彦三1F

Zoomでも学べます!

お互いに顔を見ながらのレッスンが理想的ではあります。しかしながら、新型コロナウィルスの影響、ここ数年の大雨などの異常気象、北陸ならではの大雪など対面レッスンができない場合もありますね。そんなときは、Zoom(オンライン会議システム)で対応いたします!通うことが難しい遠方の方も、遠慮なくお問い合わせください。


『無料レポート+メール講座』をお届けします!

「島田さんってどんな人?」「本当に私でも変われるかな?」と思われたら、ぜひ無料レポート+メール講座に登録してみてください!

このレポートでは、人前で話す必要があるけれど、自信を持って堂々と話せない人に向けてのアドバイスを、具体的に書いています。過去に経験した事例などを交えてのお話なので、すぐに実戦で役立てることができます。「デビュー間もないセミナー講師向け」としていますが、話すことが苦手な人なら誰にでに役立つお話ですので、気軽に読み進めてください。

そして、ご登録くださった方には、メール講座として『自己紹介作成講座』を無料配信します!これに倣って作成すれば、理想の自己紹介が作れて、かつ伝え方のコツも分かります。無料なのにここまで教えてもらえるの!?と、驚く方が多い濃い内容ですので、どうぞお楽しみに。

無料レポートを受け取る
お問い合わせフォーム

「スキップしながら進んでいきたい」~心にひびく言葉集

日差し どうせ前に進むならスキップしながら進んでいきたい

つい先日、テレビからハッとする言葉が聞こえてきました。

「どうせ前に進むなら、スキップしながら進んでいきたい。」

これは、北海道胆振東部地震(ほっかいどういぶりとうぶじしん)で被災した、
若い農家さんの奥様から出た言葉です。

家事の途中、
つけっぱなしのテレビ(NHK)から流れてきた話なので、
途中を聞いておらず、断片的な内容ですが、
まとめると、

椎茸と、北海道の果物ハスカップを作っているご夫婦。

震災の被害があまりに衝撃的すぎて、
日頃発信しているSNSすらやることができずにいたご主人様が、
奥様にとても感謝していると涙ながらに語ったあと、

インタビューで奥様がおっしゃったのがこの言葉です。

亡くなった方も多く出た地震の後で、
大切に育てた農作物がダメになり、
ショックがすぐには癒えない中でこんな言葉が言えるなんて、
なんと強い精神力でしょうか。

「前向きに頑張りたい」と言う言葉なら、
どなたも、気持ちを切り替えて
前に進もうとしたときにおっしゃったり、
心の中で思ったりするでしょうが、

単に進むだけではなく、
どうせ進むならスキップしていきたい!

スキップは、普通楽しい時にするものですよね。

どんな苦難も、
前を向いて乗り越えていくのなら、
その中に楽しみや希望を見つけながら明るく進もう!
と言うことでしょうか。

日頃の小さなことでも、
ついつい落ち込んで引きずってしまったり、
前に進むにしても、
思うようにならないことに苛立ってふてくされながらだったり(汗)。

そんな姿勢が、
この言葉を聞いた後では恥ずかしく感じます。

単に進むのではなく、スキップしながら軽やかに♪

絶対に、進んだ先は明るい未来ですよね!

そんな希望が湧いてくる、
とても素晴らしい言葉です。


 ★ 無料レポート、配布中!

 『聴く人を味方につける3つの話し方テクニック』

 ★ お試しレッスン、受けてみませんか?

 『話し方☆お試しレッスン』のご案内
 

 ★ まずはお問い合わせください。

 お問い合わせフォームへ

「いつもありがとう」

いつもありがとう 気持ちを言葉で伝えていますか?

私のママ友に、顔を合わせた最初のあいさつで、
必ず、「いつもありがとう❣️」と言う人がいます。

「ありがとうって、私何かしたっけ⁈」と、
つい思ってしまうほど(笑)、
特に何をした訳でもないのに、
いつもありがとうと言ってくれるのです。

子供たちが仲良しなので
そのことも含めているのかもしれませんが、

お互い助け合い、
支え合いが普通のママ友同士は、
わざわざ毎回ありがとうとは言いません。

でも言われると、とっても嬉しいんですよね。

いつも言われるから、
こちらも自然と相手のことを
良い意味で意識するし、
何かあったら助けようという気持ちが、
いつの間にか心の中に生まれている感じです。

今日は、
何回ありがとうと言いましたか?
何回ありがとうと言われましたか?

誰からも「ありがとう」と言われないなぁ。。。

そんな風に感じるなら、
笑顔とともに
自分から言ってみるのもいいかもしれませんよ(^^)


 ★ お試しレッスン、受けてみませんか?
『話し方☆お試しレッスン』のご案内

 ★ まずはお問い合わせください。
お問い合わせフォームへ



輪に引き入れるための会話術3

出身地は?

こんにちは!

アナウンサーの確かな技術で、
あなたの想いを伝えるお手伝い。
話し方コンサルタントの島田枝里です。

輪に引き入れるための会話術の3回目。

今日は、
初対面でも話題に困らない!

焦ったときの
突破ワードをご紹介します。

あれこれ思い返しても、
このワードから
話が全く広がらなかった経験は・・・

記憶にある限り、
一度もありません!

ではさっそく
お話を進めてまいりましょう(^o^)/


共通の話題で和ませる!

でも、どうやって?

前回のお話では、
年齢は離れていても、
同じ学校出身という共通点から
話題を見つけることに
成功しました。

では、思いつく
共通点が全くない場合は?

一番のおすすめが、こちらです!

出身地の話題

例えば、
・仕事で初対面の人と会話するとき
・食事会や飲み会の席で
 初対面の人がいる場合
・決して初対面ではないけれど
相手のことをよく知らないとき

などなど。
出身地の話題は役立ちます。

今お住いの場所の話題でも
構わないのですが、
なぜか、出身地の方が
話が盛り上がるのです。

これってなぜなのでしょう?

考えてみるに、
出身地となると
エリアが全国に広がるため、

例えその都道府県、市区町村に
あまりなじみがなかったとしても、

・一度ぐらいは旅行で行ったことがある。
・行ったことはなくても、
 名産品をお土産にもらったことがある。
・TVや雑誌、ネットなどで
 旅行や名所の情報を見たことがある。
・ニュースや情報番組で見聞きした場所だ。

といった具合に、
よく知らない場所だとしても、
話のきっかけを振れるぐらいの
何かしらの知識を持っていることが
多いからです。

よく知らないなりに、
相手の返答に合わせて
言葉を返しやすく、
会話が続くのです。

さらには、
もし相手の方の出身地が、

・自分と同郷だった!
・学生時代に一人暮らしした
 思い出の場所だった!
・家族や友人、知人が
一時暮らしていたことがある

などの身近な共通点があれば、
一気に親近感がわくのですよね。

相手との心の距離が
縮まるのを感じられますし、
印象にも残り、

特に仕事上の出会いなら、
また次につながる
ご縁となるかもしれません。

出身地の話題から発展して、

今の仕事や住んでいるところ、
仕事内容から
今なぜここに暮らしているのか
など、
ほぼ話題は尽きなくなるのです。

いかがでしたか?

きっと振り返ってみれば、
あなたにも、
初対面なのに
同郷ネタで盛り上がった経験、
あるのではないでしょうか?

学校の話題、
流行っていた美味しい店、食べ物、
方言、
ローカルTVやCMの話題・・・

思い出すだけでも止まらなくなりますよね(笑)。

それを会話にすればいいのです。

困ったときに、
ぜひ出身地ネタ、
お試しくださいね!

==================================

◎お試しレッスン、受けてみませんか?
 詳細はこちらをご覧ください。
http://e874.jp/lp/otameshi/

輪に引き入れるための会話術2

輪に引き入れる会話術

こんにちは!

アナウンサーの確かな技術で、
あなたの想いを伝えるお手伝い。
話し方コンサルタントの島田枝里です。

前回は、
楽しいはずの同窓会なのに、
「帰る。」と頑なにおっしゃる男性を、
なんとか引き止めなくては!と
思ったところまでお話しました。

☆彡前回の記事はこちら

さて、あなたなら
こういった場面に遭遇したとき、
どんな会話をしたでしょう?

続きを読む

輪に引き入れるための会話術1

こんにちは!

アナウンサーの確かな技術で、
あなたの想いを伝えるお手伝い。

話し方コンサルタントの島田枝里です。

突然ですが、
皆さんは、
話の輪の中に入っていくのは得意ですか?

それとも苦手ですか?

ある時、
話の輪に入ることが苦手で
居場所がなさそうにしている方
に、

(偶然のラッキーにも助けられたのですが)

最後には、
「来てよかったよ!」と、
ニコニコ笑顔になっていただけた

という出来事がありました。

今日はそのお話をいたします。

相手に輪に入っていただきたいとき。
そして、自分が輪に入りたいとき。

どちらにも使えるお話の
1回目です。

それでは、始めましょう!

続きを読む