お客様の声

【受講生の声】『話すことへの自信をつけてもらいました』話し方コースレッスン 石川県金沢市Yさん

受講生の声

当初は、「ナヨナヨとしていて、話したことがなかなか相手に伝わらず、聞き返されることも多い」というご相談でした。話を伺ってみると、声が小さいこと、自分に自信がなく、必要以上に相手に気を遣っていること、何も悪くないのに先に「すみません」と謝ってしまう癖があるなど、様々な問題点が見えてきました。レッスンを受講してどう変わられたのか、お聞きしました。
Yさん 50代 女性 福祉関係 (石川県金沢市)

「声を出してね。」4年経っても言われ続け疲弊していました

島田:受講のきっかけを教えていただけますか?

Yさん:最初に問い合わせたときは、これまでと違う業界の新しい職場に転職して4年も過ぎていたのに、先輩に「声を出してね」と言われていました。チームワークで働く職場なので、声を掛け合うことが必要なのでが、私は普段から焦りがちで、自分の目の前のことに集中してしまい、周りが見えなくなる傾向にありました。自分では声を出しているつもりでしたし、4年目になっても同じことを言われていることに我ながら疲弊していました。

また、前々から話すことは得意ではなく、友人との会話でも多くは聞く側にいたので、自ら声を出して発信することも苦手でした。

そのような中、話し方教室という項目がネット検索でヒットし、島田先生の熱い思いが詰まった文章を読むうちに『私はこれで声が出るようになるかもしれない』と、とりあえず話だけ聞いてみようと思い立ちました。

話し方が上手になるプロセスを丁寧に説明していただけました


島田:最初のお問い合わせでは、「ナヨナヨとしていて話したことがなかなか相手に伝わらず、聞き返されることも多く、明るくハキハキした話し方になりたい。」と書かれていました。お試しレッスンでは状況を詳しくお聞きして、アドバイスをさせていただきましたが、いかがでしたか?

Yさん:「話し方が上手になる」という大きな目標にむけて何をどうしたらいいかわからない私に、どのように一歩ずつ近づけていくかを丁寧に説明していただけました。聞いていると、話し方というものは技術や練習だけでなく、本人の生い立ちや考え方など根本的なところからアプローチしていくことで、話すことに自信を持てるようになることがわかったんですね。これなら苦手意識もなくなるかもしれないと思えました。

島田:「私、出来るようになりますか?」と少し不安げな表情でありながらも、「何とかしたいんです。」と強くおっしゃっていたのが印象的でした。声が小さくナヨナヨしているという面を見るとマイナスかもしれませんが、とてもきれいな優しいお声でしたので、それを生かして磨けば、きっとYさんらしさがありつつも、よく通る、伝わる声になると私は確信しました。ですので、本レッスンに進んでいただけてよかったですし、私も一緒に走ろう!と気持ちがぐっと高まりました。

話すことへの自信を付けてもらいました


島田:その後レッスンを受けられて、どんなご感想をお持ちですか?

Yさん:実際にレッスンが始まり、これまでの環境や心に残っている会話など、先生とともに一通り見つめ直して、自分はどうして声が出ないのか、どうして話すことが苦手なのかを理解することができました。それとともに、技術的なことも多数教わりながら毎日の発声練習方法や相手に届ける声について学ぶことができました。とにかく知らなかったことばかりで驚きがたくさんあったんですよね。

一番嬉しかったことは、先生に話すことへの自信をつけてもらったことです。

これまでは、話すことが苦手という先入観がありましたし、相手は、”自分の話を聞いてもきっとつまらないんだろうな”と思っていましたが、先生と話したり教えてもらったりしながら考え方を変え、話すことの大切さを学ぶことができとても感謝しています。

島田:ありがとうございます!自信が持てないと、いくら技術を身に付けても、肝心の場面で怖気づいてしまって、やっぱり無理だ、いやだと萎縮してしまうことがあるんですよね。なので、自信を持つことはとても大事なのです。自分を否定しない、認めてあげられる程度の自信で構いません。

私は、いつでもYさんのお話、本当にとても面白かったですっし、楽しかったですよ!毎回二人で爆笑しながらのレッスンでしたしね。ということは、Yさん、やっぱり面白い方なのですよ(笑)。つまらなかったことなんて、一度もありませんよ。

Yさん:(笑)いつもそうおっしゃっていただくので、話してみよう!という勇気が持てるようになりました。

悪くないのに「すみません」その癖はどうなった?


島田:そういえば、自分が悪い訳ではないのに、つい「すみません」と言ってしまう癖は、その後どうなりましたか?

Yさん:なんですぐに「すみません」と言っていたのか考えてみたんですが、先生に指摘されるまでは全く無意識で。自分がミスしたときに言うのは普通のことだと思いますが、そうでないときでも、何か言う前に言ったり、相手に何か言われると思ったら先に「すみません」と言ってしまったり。これまでは、自信がなくて自己肯定感が低い上に、謝ることで相手と話すことから逃げていたのではないかと思います。「すみません」の代わりに「コミュニケーションをとる」ことを選択するようになれたことはとても大きいことでした。

島田:そうですね!これからも、優しいお声と雰囲気を大事にしながらも、伝える意識を忘れずにお仕事していただきたいなと思います。

Yさん:確かに職場でも、「声が出るようになったね!」と言われるようになり、周りからの評価が変わってきたように感じます。これからは先生に教えていただいた話すことへの意識を忘れずに、職場でも生活でも生かしていけるよう、自分の考えや思いを相手や周囲に届けるようにしていきたいです。たとえ話した内容にミスがあったり、声が届かなかったりした場合でも、そのミスを修正するように再度話をしたり、声を出し直したりするようにできることが目標です。また、笑顔で話す『笑声』を出して周囲をなごやかにしていきたいです。

島田:さらに経験を経験値に変えて自信を持たれると、その辺りも自然にできるようになりますよ。この先が楽しみですね。

これから受講しようかと迷っている方に、何かありましたらお願いします。

Yさん先生は話し方について、どうして私がそう思っているのかという観点から丁寧に掘り起こして考えてくださいました。そのおかげで自分でも気付いていなかった根本的な問題を把握し、話し方の技術を教わり練習を進めることができました。また、日々の会話で起きた疑問もLINEで回答をもらえたり、レッスン生に向けた動画配信もあって活用できました。動画では話し方が苦手な人にはとても重要なことをピンポイントで説明してあります。それはいつでも見れるようになっていてとても参考になりました。

はじめは話し方を学ぶために費用を捻出することはなかなか勇気がいりましたが、レッスンを終えた今では受講して本当によかったと思っています。話し方に自信がない方にはぜひお勧めしたいです。

島田:これからも頑張ってくださいね。ありがとうございました!



島田よりひとこと
自分自身も、こんな仕事をしていながら長年自己否定が強く、自信が持てずにいました。ですが、およそ30年も話す仕事が途切れずに頂けていることに目を向けることで、少しずつ自己否定がなくなりました。自己否定が強いうちは、何をしていても辛いですよね。そんなお気持ちに寄り添いながらレッスンしたいと思っています。持っている声、能力を生かすレッスンを心がけています。

【受講生の声】『初対面の人とでも、肩に力を入れず話せるようになりました』話し方コースレッスン 石川県加賀市Sさん

受講生の声
「自分からは話さないです。」最初にお話を伺ったとき、Sさんはそうおっしゃっていました。このままではいけないとの思いから受講してくださり、今では自ら人に声をかけて会話を楽しめるまでになられました。レッスンを受けての感想などをお聞きしました。  
Sさん 30代 男性 医療関係 (石川県加賀市)

「このままではいけない。」どうしたら良いのかと考えた

島田:Sさんは、どうして話し方を習おうと思われたのですか?その理由を教えてください。

Sさん:仕事をしていると、初対面の方と話す際に何を話して良いのかわからずに黙ってしまうことがありました。また、職員と話す時でも、相手になかなか自分の言いたいことが伝わらないと感じていました。そして、人前で発表となった際にも緊張で何も出てこない事がありまして。

このままではいけないと思い、どうしたら良いのかと考えて、会話教室を調べていました。

島田:他にも話し方教室がある中で申し込んでくださったのは、何か決め手があったのですか?

Sさん:探していた時は、一対大勢は難しいと思っていたので、一対一で習えるということ。
また、パンデミック初期ということもあったため、オンライン対応というところの2つが決め手でした。

島田:もともと北陸ならではの大雪などのためにZoomやSkypeといったオンライン対応はしていたのですが、それがコロナ禍でも生かすことができたんです。今のお話を伺うと、早くからオンライン対応しておいてよかったなと感じます。

レッスン外でのフォローもあって大変有り難かった

島田:実際にレッスンを受けてみて、いかがでしたか?

Sさん:おぼつかない会話から、島田先生が何が足りないかを考えて、私に合ったプランを立ててくださったので、わかりやすかったです。

ペースも私に合うように調節していただけて、無理せずに取り組むことができました。

LINEのノートを利用した宿題や、話題や会話の注意点のアドバイス、LINEによる情報の配信などレッスン以外にも為になるものが多く、レッスン外でのフォローもあって大変有り難かったです。

島田:実は、次のレッスンまでの間をどう過ごすのかが、とても大事なのです。

レッスンだけ受ければ何とかなるのではなく、会話は日常のことなので、レッスンでやったことを普段の生活の中で実践してみることも必要なのですよね。そのためのフォローを、日頃からこまめに行っているのも、このレッスンの特徴かと思います。

知らない人とでも、自然に会話ができた!

島田:Sさんは、少しずつ人と話すことへの抵抗が減っていって、気持ちや行動に変化があったとのことですが、具体的にはどんなことがありましたか?

Sさん:事務的なやり取りの中から話題を取り出して広げることが出来るようになってきました。
相手の方の返答が、「はい。」「そうですね。」だけで終わって話を続けにくい時でも、話題を変えたりすることが出来るようになってきたんです。

それに、この間も、近くの河川敷の桜を見ようと川沿いを歩いていた時に、階段を降りてきたご婦人と目があったので挨拶をしたんですが、自然にそのまま、桜の話題で会話することが出来ました。

全く知らない人とは、以前なら同じような場面だったとしても、せいぜい挨拶ぐらいで終わっていたと思うのですが、桜の種類のことを教えていただくほど会話が進んだので、少しずつ話すことが出来ていると実感しました。

島田:これはとても大きな進歩ですね!話すことそのものの上達もですが、気さくに挨拶できて、その後会話まで出来て!人と何を話したらいいか分からないとおっしゃっていた最初のころと比べたら、なんという進歩でしょう。ちょっと感動してしまいました。

何より、いい意味で肩の力が抜けたのか、表情がより優しくなられました。以前より随分気持ち的に楽になったのではないですか?

Sさん:そうですね。確かにその時は何気なく話せましたし、肩に力を入れずに会話できましたね。

島田:実際の生活の中で手応えを感じていただけて、本当によかったです。

問い合わせるまでに1年もかかってしまったけれど

島田:これから習ってみようかな?と迷われている方に、何かアドバイスがあればお願いいたします。

Sさん:私は会話教室に通うのに、調べては止めてを1年ほど繰り返していました。
費用のこともそうですが、何より良くなるイメージが湧かなかったからです。

ですが、1年も悩んでいるという事は自分に足りないところと自覚しているという事でもあると思うので、目を瞑ってでもいいので(笑)、お問い合わせの送信ボタンを押して見ると良いと思います。

島田:1年も悩まれていたのですか!それは今初めてお聞きしました。送信ボタンを押すだけでも、相当勇気のいることだったのですね。

思い切ってお問い合わせいただき、そして見事に話すコツを習得されて今に至るわけで、私も嬉しいです。ありがとうございます。これからも、ぜひ、身に付けられた話すスキルを生かして頑張ってくださいね!

Sさん:ありがとうございます。まだ普段の会話では声が弱いように思いますので、これからも気を付けながら、会話を楽しんでいきたいです。



島田よりひとこと
本当に改善するのか?と悩まれる方は多いことと思います。言葉自体は誰でも話せるのに、何をどうレッスンするの?本当にそこに時間と費用をかけて学ぶだけのメリットがあるの?自分はやっぱり習ってもダメなのではないか?そう思っても仕方がないですよね。ノウハウは目に見える商品でもありません。

ですが、伝わる話の裏には技術がありますし、もっと言えば、技術以前に、人と関わる際の自分の気持ちがとても大事なのです。そこを、一人ではどうしたらいいか分からなくて、皆さんつまずいてしまいます。Sさんも通われる前は、本などを買ってご自分なりに改善しようと試みられたものの、結局自分の場合はどうしたらよいのかが分からなかったともお聞きしていました。自分の場合はどうなのかというところにフォーカスしてレッスンできるのが、個人レッスンのメリットです。

受けてみませんか?話し方のお試しレッスン

 

【受講生の声】『希望を持つことが出来ました』話し方お試しレッスン 石川県小松市Hさん

受講生の声

苦手なことに取り組むのは、誰しも勇気がいること。Hさんは、「今の状況を変えたい」と、お試しレッスンを受けてくださいました。受講しての率直な感想を教えてくださいましたので、ご紹介いたします。  Hさん 30代 女性 医療関係 (石川県小松市)

落ち込んで、人と話すことさえ嫌になっ

島田:私の話し方教室は、ネットで見つけて申し込んでくださったのですよね。
   そもそも受けてみようと思われたきっかけは何だったのですか?

Hさん:私は昔からあがり症で話をすることが苦手でした。

    ですが、引っ越しと転職を機に、後輩指導や人前で話をすることを求められることが増えたんです。もちろん上手く出来るはずもなくて、落ち込んで、人と話すことさえも嫌になった時に、話し方講座というものがあることを知りました。

    今の状況を変えるために、石川県内で、1対1のレッスンが対面で出来る島田先生のお試しレッスンを申し込みました。

トレーニングで改善できることがあると、希望が持てました

島田:お試しレッスンを受けてみて、いかがでしたか?

Hさん:話をすることが苦手な私が、元アナウンサーの先生と話をするのは緊張します。
    しかし私の悩みを優しく、細かく聞いてまとめて下さり、
    自分でも悩んでいることを振り返ることが出来ました。

    これまで、「生まれ持った物が違うから、私にはどうしようもない。」と思っていましたが、トレーニングで改善出来ることがあると、希望を持つことが出来ました。

    本レッスンのプランは、マンツーマンですし、予想以上に細やかなフォローがありますが、値段だけ見ると高価だと感じました。ですが、私に合ったプランや支払い方法を提示して下さり、夫の後押しもあり、本レッスンを受ける決心が出来ました。

島田:ご家族の理解は大切で、本当にありがたいことですね。

   マンツーマンだということと、レッスンだけではなく、普段からSNSでつながってフォローをしたり、話し方や言葉の豆知識などを配信したり。生徒さん専用動画をご用意して好きなときに予習、復習をしていただけるなど、かなりきめ細かいサポート体制を取っていますので、よくあるグループレッスンのような料金でないのは確かです。

   なのですが、これまで25年を超える経験からのアドバイスであったり、その人その人に合わせた普段からの指導という点で、今後評価を高めていただけたら嬉しいですし、そのために、私もしっかり向き合って取り組んでいます。

私には強い味方ができたので、1年後が楽しみです!

Hさん:自分の苦手に向き合うことは、億劫な気持ちや辛い気持ちになるのではないかと思います。ですが、私には強い味方が出来たので、先生の力も借りながら、1年後目標とする自分にどれだけ近付いているか楽しみです!

島田:私も、とても楽しみです!1年後、苦手意識やストレスから解放されて、笑顔で話すHさんに出会えるよう、頑張ってまいりましょう!


受けてみませんか?話し方のお試しレッスン

『頭が真っ白!』その原因は?

頭が真っ白!その原因は?

こんにちは!

アナウンサーの確かな技術で、
あなたの想いを伝えるお手伝い。

話し方コンサルタントの島田枝里です。

前回投稿した
スピーチの記事をお読みくださった方から、

「とてもよく理解できます。」
「参考になります。」
「ちょうど講演をひかえているので、
原稿を書きかえてみます!」
といったご感想をいただきました。

また、
よくスピーチや講演をするという方も
お読み下さったようで、

「同じような方法を自分もしていて、
納得しながら読みました。」

といったご感想も。

皆様、本当にありがとうございます!

◎前回の記事 ・・・ スピーチが不自然になってしまう理由

共感された方が多いということは、
それだけスピーチに苦手意識や困難を感じて
苦労されている方が多いということではないでしょうか。

「同じような方法を自分もしている」という方も、
ご自分で様々な工夫をされて
困難を乗り越えられたからこそ、
納得できる部分が多かったに違いありません。

少しでも克服していただければと
願ってやみません。

ところで、
そんなご感想と合わせて、
実は
こんなことを話してくださった方がいらっしゃいます。

「とにかく頭が真っ白になってしまうんです。
それが怖くて、
やっぱりスピーチって本当にいやなんですよね・・・。」

この方のように、

以前人前で話す機会があったとき
頭が真っ白になってしまい恥をかいた。
だからもう二度と、
人前で話すことはしたくない!

そうおっしゃる方が
結構いらっしゃいます。

・頭が真っ白になり、
・言葉も出なければ、
・そこで全てが止まってしまい、
・恥をかいた。

日頃、ご相談に乗ったり
レッスンさせていただく方に伺うと、

ほぼ全員が、
一度はこのような経験があり、

中には
深い心の傷になっている方もいらっしゃいます。

でも、どうかご安心ください!

この『頭真っ白現象』。
ちゃんと克服する方法があるのです!

ちょっと難しい話になるかもしれませんが、

まずは、

克服法をさぐるためにも必要な

頭が真っ白になる仕組みを
ひも解いてみましょう。

=================

頭真っ白現象の正体は、

脳の酸欠状態と言えます。

脳の中には「扁桃体」
という部分があり、

主に一時的な感情の動き
=「情動」をつかさどっています。

それと同時に、
「記憶固定」を担う役割も持っています。

極度の緊張などのストレスにさらされると、
この扁桃体の活動が活発になるため、
血液が集中してきます。

すると、脳内で言葉を司る
大脳皮質の血液が不足し、
いわば酸欠状態になってしまうのです。

その結果として、

言葉が出てこない、
覚えてきたことが思い出せない

などの現象が出て、

よくいう、
“頭が真っ白”な状態が起きる訳なのです。

また、扁桃体の役割「記憶固定」が、
情動で印象に強く残るような出来事を
より強固に記憶させるため、

過去に、
「大勢の前で話して失敗した」
「恥をかいてしまった」など、
自分にとって恐怖を感じるほどの
マイナスな経験をしていると、

次に同じような場面に遭遇したとき、
悪いイメージとなってよみがえり、
自分で自分の心を締め付け、
ストレスや緊張につながっていきます。

これが、
『頭真っ白現象』の本質で、
その後の苦手意識や
恐怖感につながっていく原因です。

=================

この仕組みを知っていると、

頭が本当に真っ白になってしまう前に

対策を打つことができ、

あれだけ恐怖だった

頭真っ白現象からサヨナラすることができます!

長くなってしまいましたので、
今日はここまでにしますが、

次回は、

頭が真っ白になるのを
どうやって回避したらいいか。

私が実践している方法を交えて
お話しいたしますね!

一つずつ、

話すことへの苦手意識を

解消していきましょう!!

聴く人を味方につける!3つの話し方テクニック

*お試しトークレッスン、受けてみませんか?
あなたの話し方に関するお悩みをスッキリ解決いたします!

お試しレッスン (e874.jp)

「すっきりして楽しかった!」お試しトークレッスンのご感想

トークレッスン イメージ

前回の記事では、
ヒプノセラピストの美雪さんが
お試しトークレッスンを受けてくださったお話をしました。

ヒプノセラピスト美雪さんのブログ
http://ameblo.jp/miyukitabei

自己肯定感をあげる音源プレゼントページ
http://kokoronihikari.com/lp/sound

記事を読んで、
トークレッスンにも、
ヒプノにも興味を示してくださった方がいらっしゃり。
とてもありがたいことです♥

どちらも、よりよく生きていくためには
知っているに越したことはないですね。

続きを読む

抑揚のためにも、一息を長く!

読むということ 言葉の区切り方、抑揚

先日、お試しトークレッスンを受けてくださったSさんが、
その後の様子を教えてくださいましたので、
紹介させていただきます。

—————————–☆

レッスン後、話し方を意識するようになって
良かったなと思っています。
毎日少しですが練習をするようになりました。

不思議なことに一息のタイムが
島田先生のご自宅でやった時よりまた短くなってます、、
レッスンの最後にはせっかく少し時間がのびたのに。

続きを読む